家庭教師
家庭教師を探す場合・家庭教師バイトを探す場合、多くの人はインターネットを利用していると思います。家庭教師会社の公式ホームページは勿論、口コミ・評判の収集や、一括資料請求・一括バイト登録に、多くの人がネットを活用しています。

ネット普及・ブロードバンド普及以前は「家庭教師」の広告はタウンページに集まっていたので、家庭教師センターを探す人の多くはタウンページを見て探していました。そのため、CMを流すほどの規模ではない一般的な家庭教師会社にとって最大の広告手段は、タウンページでした。

ネットが普及し始めた2000年代前半頃から、家庭教師センター各社は自社のホームページを公開するようになりました。それまでタウンページなどに高い広告料で僅かなスペースの広告を掲載していた家庭教師会社各社は、徐々にホームページ公開→ネット広告にシフトしていきました。塾と違って、地域に密着しない家庭教師は、地元の口コミが期待できない為、インターネットに適したジャンルだったといえるでしょう。

ブロードバンドが普及してからは、殆どの家庭教師センターがホームページを作成して、生徒やバイトを募集するようになり、ただ作っただけでは集客できないという問題が発生しました。ネット普及黎明期の頃は、ヤフーやグーグルの検索結果連動広告に出稿するとたやすく家庭教師の生徒や家庭教師バイトを集めることができましたが、検索結果連動広告はオークション制である為、競合が増えると採算が合わなくなってきました。

次に各社が取り組んだのが、検索結果上で上位に表示する手法です。これには様々なテクニックがあるようですが、一般的なテクニックのバリエーションは限られており、過当競争となってきました。しかしながら、家庭教師や家庭教師バイトを探すユーザーの殆どがネットで探す時代になりましたので、各社とも知恵を絞って、地域別のホームページやバイトの求人専用ホームページなどを作成していきました。

2000年代の後半頃から、資料請求が一括でできるサービスや家庭教師のアルバイト登録が一括でできるサービスを提供するWEBサイトが多くの利用者を集め、生徒や教師を募集するには必須の媒体となってきました。

2000年代中盤から後半にかけて、2chや家庭教師専門掲示板サイトなどで情報交換する人が増えてきました。それまで、家庭教師は(塾のような)地域・地元の口コミが皆無であった為、一部の業者が教材を売りつけたり電話で執拗な勧誘をすることが絶えませんでしたが、ネットが普及して掲示板に情報が上がってくると、そのような悪質な業者は徐々に減っていくようになりました。

2010年代になると、多くの消費者やバイト探しをしている大学生が検索エンジンを使用する際に「業者名+口コミ」「業者名+評判」などのキーワードを打ち込むのが一般的になってきました。その対策の為に、多くの家庭教師センターが、悪評が目立たないようにする為に、自ら掲示板に良いコメントを投稿したり、「やらせサイト」や「やらせランキングサイト」を作るようになりました。

誠に残念なことに、消費者や家庭教師バイトを探している大学生の多くが、「やらせ」「本物」の見分けがつかず、ミスリードされているケースが目立ちます。又、見栄えの良いホームページは安価で作成が可能ですので、先生を派遣し管理する体制が整っていないのに、ホームページを見ると「良い家庭教師センター」に見えて騙されて、入会後にトラブルが頻発するというケースも増えています。

当サイトでは、家庭教師会社や家庭教師バイトを探す際の<いまどきの>方法や選び方を掲載していますので、家庭教師探し・家庭教師バイト探しの参考にして頂ければ幸いです。
TOPPAGE  TOP 
Copyright © 家庭教師 All rights reserved.